• 建築事業部
  • 開発事業部
  • 企業情報

セキュリティーについて

  1. HOME
  2. ニチゼンの家づくり:セキュリティーについて

万全の備えで安心の暮らしを

セキュリティー対策。最近はこの言葉抜きでプランニングが進むという事は全くと言っていいほどなくなりました。I.R.H.では建築で出来る1次防御を重要視したプランニングも可能です。また設備としての2次防御も勿論ですが、3次的防御も業者紹介も含めてご提案させて頂きます。大手警備会社から特殊技術をお持ちの警備システム会社との協力も密に行っておりますので、ご遠慮なくご相談下さい。

様々なセキュリティー

ホームセキュリティー

警備会社のオンライン化されたシステムです。

開口部センサー 外部のサッシ・ドアの開閉感知(電流遮断式)
人感センサー(体温感知式) 温度変化探知
煙感知 家庭用防火システム(建築基準法認定済み)
熱感知 家庭用防火システム(建築基準法認定済み)
ガス漏れセンサー 家庭用防火システム(建築基準法認定済み)
ガラスセンサー FIX(嵌め殺し窓)の破壊時振動探知
ジャロジーセンサー 横棒式進入感知

個人セキュリティー

上記のホームセキュリティーでお求めになれないシステムです。

赤外線 中小~大手警備で対応
感圧テープ・感圧シート 中小~大手警備で対応
監視カメラ・記憶HDDシステム 警備会社からAV機器業者でも導入可能
非常ベル 中小~大手警備で対応
防犯フィルム サッシメーカーでも後工事でも可能
面格子 新築工事・リフォームで対応可能

IRHが提案するセキュリティー

天災よりも人災に配慮しなくてはならない世知辛い世の中です。命を守るという意味では、シックハウスに並んで重要な課題であると思います。昨今のセキュリティー設備に過剰なまでの投資は世を反映しているものでは有りますが、初期段階から防犯を考慮した外構計画まで視野にいれたプランニングが必要だとも思います。

防犯を考えてのプランニングは大きく外(接する道路等)から中まで見えるプランニングとその180度反対の外からは全く見えず、且つ進入経路を限定するプランの2種類ですが、どちらのプランにも共通しているのが「陰」を作らない」プランニングと言えます。お住まいの中からは必要な部分がいつでも確認出来る事は両者とも共通している部分です。見えるとは可視化出来れば一番良いのですが、可視化できない場合はそれを補う工夫が必要です。

喧々諤々、3人寄れば文殊の知恵という言葉通り、防犯に重きを置くに致しましても費用面も含めて多くの選択肢からご納得頂くには、ニチゼンのご提案だけではなく専門業者の意見も伺う姿勢が必要と考えております。

このページを印刷する

ソーラーシステム・エコ設備について

ページトップへ戻る